茨城県境町のオノデラオートでは中古トラック、中古車の販売、買取、修理、車検まで幅広く対応しています。

ボディープリンター

茨城唯一のボディープリント施工工場

オートボディープリンターとは…

街中を駆け巡っているトラックやバスといった車輌に直接吹き付けペイントができます。
トラックへのペイントは目立つ事間違いなしなので、会社の知名度UP、
まさに「走る広告塔」として活躍できます。

どこにでもある普通のトラックが、世界に1台しかないオリジナル車輌に!

プリントするメリット

トラックへの愛着心を亡くさない。すり傷、凹み、錆、水あか、経年劣化・・・放置するとドライバーのトラックへの愛着心は薄れていきます。仕事へのモチベーション向上、運転マナー・モラルの低下が事故につながります。

  • 会社、業界全体のイメージアップ。
  • 高額な修繕費をかけずに綺麗な状態をキープできます。
  • 水あか、キズ対策として。(維持修繕コスト削減)
  • 洗車回数減、ドライバーの負担軽減、節水。
  • 「見られている」意識から、ドライバーのモラル・マナー向上。
  • 「責任感」、「仕事への意欲」が大きくアップ。
  • 子供たちが憧れるトラックで将来のドライバーを育みましょう。
  • トラックボディーを地域貢献・社会貢献に使用。
  • 荷主からも、地域の方からも喜ばれます。
  • イメージアップで若者から就職先に選ばれる企業に

施工の流れ

1.入庫・養生

プリントを施す車輌をプリンターに添ってとめます。
プリンターとの距離が離れすぎると、インクの吹き出し口(ノズル)がプリントする面から離れ仕上がりが綺麗にできないので、大体3~40cm以内に寄せて止めます。

2.水平取り

トラックを止めただけでは、荷台の水平がとれてないので、左右の水平を取ります。
下駄をかましたり、ジャッキで上げたりしてプリント面を水平にします。

3.ボディーデータ測定

プリント面の凹凸を測定し、ノズルがボディーに当たらないようにします。
またプリント面にそって動くように測定します。

4.データー作成

プリントする面のサイズを測定し、測定したサイズに基づいて印刷データーを作成します。
ここで作ったデーターがプリントされるので細部に渡ってチェックします。

5.テストプリント

実際に試しプリントをします。
色合い・サイズ等を細部に渡ってチェックします。
ここでの調整が仕上がりに影響してくるので、一番のポイントになります。

6.本番プリント

本番プリントです。
あとは完成を待つのみ・・・

完成!

ボディープリンターの不得意なもの・場所

  • ・インクを弾く物は基本的にNG。
  • ・平面でのプリントを得意としているので、極端に湾曲している場所はプリントが難しい。

施工事例(車輌)

施工した車輌はこちらです!

と☆こ☆ろ☆で・・・
このボディープリンター、印刷出来るのは車輌だけでは無いんです!!!!
冒頭にも書きましたが、『布』にも印刷できてしまうんです。

車輌だけでなく、オリジナルのタオルやTシャツも作れます。各種クラブチームやサークル、各企業様の社名・ロゴ等印刷施工随時承り中です。

Youtubeはこちら

Twitterはこちら

工場について

住所

〒306-0125
茨城県古河市仁連2050-1

電話番号/FAX

℡:0280-23-2800 Fax:0280-23-2801

メールアドレス

paint@onodera-shoji.com

プリントに関するお問い合わせはこちらへ。
又プリント風景を実際に見て頂く事も可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ボディープリントに関する、ご質問、ご相談は電話・メールでお気軽にお問い合わせください。お問い合わせページはこちらです。